アジア人向けに開発されたザイデナとは?

ED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどがありますが、これらはどれも欧米で開発された薬です。そのせいか欧米人に比べて小柄なアジア人にはやや効き目が強すぎ、副作用に悩まされる人も少なくありません。ザイデナは韓国で開発され、2005年から発売されているED治療薬です。この薬のメリットは、基本的にアジア人がアジア人のために開発した薬であり、日本人の体質に合っていることです。
 前述の通り、ザイデナは2005年に発売が開始されたED治療薬としては比較的新しい薬ですが、すでに世界の30ヶ国以上に輸出されて高い評価を得ています。作用の特徴は即効性が高い割に持続時間が長いことで、服用後30分ほどで効果が現れ始め、半日程度持続します。またバイアグラやレビトラと違って、食事の影響を受けにくいという特徴があるので、いつ飲むかをさほど気にしなくてもいいという利点があります。有効成分は違いますが、作用機序は他のED治療薬と同じで、海綿体への血流増加を抑制する酵素の働きを阻害する働きを持ちます。副作用は頭痛や顔のほてりなどですが、重篤なものが出ることは少ないようです。
 このザイデナですが、残念ながら日本ではまだ認可されていません。現在前立腺肥大症の治療薬として、厚生労働省に申請が行われていますが、申請が通るかや通るとしていつになるかは未定です。また申請が通っても処方されるのはあくまで前立腺肥大症の患者に対してで、ED治療薬としての処方は当分なさそうです。
 前述のように認可はされていませんが、別に購入や使用が禁止されているわけでもないので、ネットを通じて個人輸入することは可能です。ただし偽物がかなり出回っているので、購入するなら信用できるところから買うようにしましょう。

■個人輸入代行サイト
勃起不全改善にはシアリスを通販で!